1. ホーム
  2. 優待TOP
  3. コンテンツ一覧
  4. オフタイムをゆったり“鑑賞系銘柄”

オフタイムをゆったり“鑑賞系銘柄”

2020/05/07(木)

知って得する株主優待編集室

オフタイムをゆったり“鑑賞系銘柄”

毎日忙しいからこそ、時にはゆったり映画や芸術を楽しみたい。
そんな方のために、映画や美術、音楽を鑑賞できる株主優待銘柄をピックアップしました。
チケットがもらえたり、割引が受けられたり、なかには限定イベントへの招待など、貴重な体験ができるものもあります。

  記載がなければ100株で受けられる優待内容 割当基準日
2359
コア

東京国立博物館メンバーズプレミアムパス(200株以上1年以上継続保有で1枚)などから選択

3月末日
2469
ヒビノ

自社グループ運営ライブハウスミュージックチャージチケットなどと交換可能な株主優待ポイント

3月末日
3099
三越伊勢丹ホールディングス

「株主様ご優待カード」提示により、一部の有料催事・文化展の無料入場(同伴者1名まで)

3月末日/9月末日
4301
アミューズ

自社主催のコンサート・映画・舞台・イベントなどへ招待(適宜)(応募者多数の場合は抽選)など

3月末日
4631
DIC

DIC川村記念美術館入館券付き絵葉書2枚(1枚で2名入館可)など(入館券付きはがきは12月のみ)

12月末日/6月末日
4927
ポーラ・オルビスホールディングス

ポーラ美術館入場チケット(株主優待ポイント:60ポイント)(400株以上)

12月末日
7857
セキ

セキ美術館招待券2枚など

3月末日/9月末日
7952
河合楽器製作所

自社主催コンサート無料招待

3月末日/9月末日
9602
東宝

株主映画招待券(1枚)など

2月末日/8月末日
9633
東京テアトル

「映画ご招待券」4枚 ※1枚につき1名が1回無料で映画鑑賞可など

3月末日/9月末日
9605
東映

映画招待券(6枚つづり)

3月末日/9月末日

※新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、発行済み優待券の有効期間やイベント内容などが変更された銘柄があります。詳しくは各社のリリース等でご確認ください。

記事の内容は、『知って得する株主優待2020年版』掲載「株主優待銘柄でNISAセット?!」をもとに再構成し、原則として2020年4月17日までに公表された情報・データを基に作成しています。また、保有株数や保有期間により優待内容が異なる場合があります。最新の情報や詳細についてはご自身でご確認をお願いいたします

この記事を読んだ人におすすめ