1. ホーム
  2. 優待TOP
  3. 【4392】FIG
4392

FIG

優待内容

株主優待ポイント
5,000ポイント----------(1,500株以上)
8,000ポイント----------(2,000株以上)
15,000ポイント----------(3,000株以上)
20,000ポイント----------(4,000株以上)
40,000ポイント----------(6,000株以上)
※グルメ、家電製品、選べる体験ギフト、環境NGO・国際NGOなど公益法人への寄付等と交換可
※12月末日の株主名簿に同一株主番号で記載されていることを条件にポイント繰越可

企業データ

事業内容
モバイルクリエイト株式会社とREALIZE株式会社、株式会社ケイティーエスを中核会社とする、12の事業会社を傘下に持つ持株会社。成長事業(ペイメントとロボット)への積極投資と基盤事業であるIoT事業によるサブスク売上の拡大をグループ成長戦略の柱として掲げ、現在、物流・タクシー・バス・ホテルの事業者を顧客基盤として、月額サービス契約件数は21万件を突破。
市場
東証プライム、福証
業種
情報・通信業
サイト
https://figinc.jp/

投資家の皆さまへ

社長
代表取締役社長

村井 雄司

 現在、企業価値「倍増への挑戦」をテーマに掲げ、新たな成長基盤の確立ステージとして中期経営計画(2022~2024年度)を実行中です。
 さらなる成長を実現するために、基盤事業(IoT×SaaS)のサブスク売上高拡大とともに成長事業(ペイメントとロボット)への積極投資に取り組んでいます。特にここ数年推進してきたロボットについては、手探りから手応えを感じており、将来の中核事業に育てるべく、最重要投資と位置付けて技術力を強化していきます。株主・投資家の皆さまにおかれましては、今後も一層のご支援を賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

基盤のIoT事業に成長領域として
ロボット事業を強化

 FIGグループは、モバイルクリエイト㈱を中核会社とした12の事業会社で構成されており、IoTを活用した革新的なテクノロジーで自社オリジナルサービスを展開しています。
 タクシー・バス・物流・ホテルを主な顧客基盤として月額サービス契約数は21万件を突破、サブスク売上高は順調に拡大しています。
 現在、最も注力する成長ドライバーとしてロボット事業を位置付けており、AGV(無人搬送車)やAMR(自律走行搬送ロボット)をFA・自動化向け市場に展開を開始、そのうちGTP分野(棚搬送ロボット)においては国内トップメーカーを目指しています。

サブスクは順調に拡大

ロボット事業
提携先の㈱匠とGTP分野(棚搬送ロボット)で国内トップを目指す

 

業績(連結)

 
※ ご注意 ※
財務データは基本的に連結(配当金のみ個別)の実績直近4期分を記載しており、予想1期分の数値記載については、各掲載企業の任意となっています。また、1株当たり配当金の「特」は特別配当込み、「記」は記念配当込みであることを指します。業績についての掲載内容は各企業から情報提供を受けて制作したものです。最新の業績予想等については、下の「最新の業績予想を確認」ボタンをクリックしてください。
 

「投資家の皆さまへ」から「業績」までのコンテンツは、基本的に2023年8月31日時点での公表情報を基に編集・掲載しています。

「会社四季報ONLINE」で調べる
株価/チャート/業績などの情報が確認できます(外部サイト)
投資家向け情報サービス「MIR@I」に登録する(無料)
MIR@I会員には、毎週、最新の株主優待情報が届きます