1. ホーム
  2. 優待TOP
  3. 【6490】日本ピラー工業
mirai202402 mir@i202311

日本ピラー工業

優待内容

  • デザインは変更される場合がある

QUOカード
1,500円分----------(100株以上)
2,000円分----------(500株以上)
3,000円分----------(1,000株以上)

※3年以上継続保有(3月末日および9月末日の株主名簿に同一株主番号で連続7回以上記載)の株主は下記のとおり
2,000円分----------(100株以上)
3,000円分----------(500株以上)
4,000円分----------(1,000株以上)

企業データ

事業内容
「流体を制御する技術」を基盤に独自の製品やサービスを提供し、環境(Clean)安全(Safety)最先端技術の創出(Frontier)に貢献。半導体業界をはじめ、自動車、化学、電力、建築など幅広い産業分野で活躍。特に継手製品は半導体洗浄装置向け世界NO.1シェア。また、ESG/SDGs経営の強化に向け環境負荷物質とエネルギー消費量の削減、透明性の高い経営に努める。
市場
東証プライム
業種
機械
サイト
https://www.pillar.co.jp/

投資家の皆さまへ

社長
代表取締役社長

岩波 嘉信

 2024年に創業100周年を迎える当社では、2023年度より3カ年の中期経営計画「One2025(ワンニーゼロニーゴー)」がスタートしました。
 前中期経営計画の最終年度となる2022年度は、売上高、営業利益、当期純利益とも過去最高を更新しました。新たな中期経営計画においても、成長の勢いを止めることなく、さらなる企業価値(経済価値×社会価値)の向上を目指し、事業と組織の変革・変質を推進するとともに、次の100年へ飛翔するための基盤づくりを行います。

 

社名の由来

船舶の蒸気漏れを防ぐシール製品として、1924年に開発した「特許ピラーパッキンNo.1」の形状が柱状(=pillar)であったことに由来します。

サステナブルな社会で必要とされつづける企業を目指す

 日本ピラー工業は1924年の創業以来、「流体を制御する技術」を基盤に製品・サービスを通して、CLEAN(環境)・SAFETY(安全)・FRONTIER(最先端を切り拓く挑戦)を軸に、グローバルに社会の発展に寄与してきました。
 当社グループの市場領域は、半導体、電力、化学、自動車、船舶、土木・建築、医療・医薬など多岐にわたり、幅広い分野で独創的かつ高品質な製品を提供しています。
 2024年に創業100周年を迎える当社は、創業からつづく「果敢に挑戦する精神」を胸に、これからも変革を起こし、持続的な成長を果たしながら、社会にとって必要不可欠な企業でありつづけることを目指します。

2022年度は、売上高・営業利益ともに過去最高を更新

 電子機器関連、産業機器関連ともに増収増益、また、材料値上げに伴う利益率の低下も、販売増・為替・価格転嫁により吸収し、売上高・営業利益ともに過去最高を更新しました。

配当性向30%以上を目標に利益還元に努めます

 当社は株主の皆さまへの利益還元を経営の重要課題に位置付け、安定的かつ継続的な配当と配当水準の向上に努めることを基本方針とし、配当性向30%以上を目標に実施しています。

*2023年度の予想値は、2023年8月7日の公表値

業績(連結)

※ ご注意 ※
財務データは基本的に連結(配当金のみ個別)の実績直近4期分を記載しており、予想1期分の数値記載については、各掲載企業の任意となっています。また、1株当たり配当金の「特」は特別配当込み、「記」は記念配当込みであることを指します。業績についての掲載内容は各企業から情報提供を受けて制作したものです。最新の業績予想等については、下の「最新の業績予想を確認」ボタンをクリックしてください。
 

「投資家の皆さまへ」から「業績」までのコンテンツは、基本的に2023年8月31日時点での公表情報を基に編集・掲載しています。

株価情報
株価/チャートなど(野村證券サイト)がご覧になれます
投資家向け情報サービス「MIR@I」に登録する(無料)
MIR@I会員には、毎週、最新の株主優待情報が届きます