[7552]ハピネット

(1)「株主様ご優待カタログ」掲載の
自社オリジナル・独占販売商品
(玩具・ゲーム・映像ソフト)を選択
(2)こども商品券

(1)1品----------(100株以上)
(1)2品、(2)2,000円分----------(500株以上)
(1)3品、(2)5,000円分----------(1,000株以上)

  • 2016年3月期の優待内容の例
  • 2016年3月期の優待内容の例
  • 2016年3月期の優待内容の例


  • 2016年3月期の優待内容の例
  • 2016年3月期の優待内容の例
  • 2016年3月期の優待内容の例
100株
3月末日
食品
食事券
暮らし
ファッション
教養・娯楽
乗り物
金券・ギフト
 

1969年に創業し、国内トップシェアの玩具の中間流通業を中心に、映像・音楽ソフト、ビデオゲーム、アミューズメント関連商品を取り扱う業界最大手の商社。「販売支援×物流×情報」が三位一体となった最適流通システムを基盤に、エンタテインメント商材を日本全国に届けている。また、オリジナル玩具、映像作品、ビデオゲームソフトなどの企画・制作にも注力するなど、エンタテインメントを通して「夢」を届ける事業を展開している。

東証1部
卸売業

※以下の内容は基本的に2016年8月末日現在の公表情報をベースとして掲載

投資家の皆さまへ

代表取締役社長
榎本 誠一

2016年6月に代表取締役社長に就任いたしました。当社は2016年3月期より3カ年計画の第7次中期経営計画を推進中です。「流通事業の更なる成長拡大とメーカー事業の選択と集中を図る」を基本方針に掲げ、流通事業の継続的な成長と事業領域の拡大、メーカー事業の収益改善と成長のほか、管理運用システムの整備などの施策に取り組んでいます。
私たちはハピネス・ネットワーキングを展開し、エンタテインメント・スタイルの創造により人々に感動を提供し、夢のある明日をつくります。

玩具、映像音楽などのエンタテインメント分野で高いシェアを誇る中間流通商社

当社は、玩具、映像音楽、ビデオゲーム、アミューズメントの4つのフィールドで事業を展開し、さまざまなエンタテインメント商材の中間流通に携わっている商社です。「販売支援」「物流」「情報」が三位一体となった「最適流通システム」を構築し、販売店には最適な販売方法を提案、メーカーには最新の消費者動向・売れ筋情報などを提供して、ヒット商品誕生の重要な役割を担っています。
当社は玩具事業ではシェア30%強を占める業界最大手で、映像音楽、ビデオゲーム、アミューズメントの各事業でも中間流通業界トップクラスの地位を占めます。今後は中期経営計画のもと、各事業のシェア拡大を目指すとともにメーカー業としても力を入れていきます。

*ハピネット調べ

第7次中期経営計画のもと、配当が堅調に推移

2016年3月期、1株当たりの年間配当金を2015年3月期の28.5円から30円へと増配しました。これにより増配は3期連続となりました。
今後も利益状況と将来の事業展開を総合的かつ中期的に考慮し、新規事業展開のための業務提携や開発投資などへの投資を積極的に行い、より強固な経営基盤を確立するために内部留保の充実を図っていくとともに、適正な配当を実施していきます。

「最適流通システム」で変化に対応するエンタテインメントの総合商社

こんなところにもハピネット!

企画力でカプセル玩具に付加価値を
(株)ハピネット・ベンディングサービス

カプセル玩具のビジネスは、お客さまとのタッチポイントをどのように増やしていくかが重要です。圧倒的なタッチポイントを有する鉄道駅をはじめ、若い女性に人気のファッションビルや雑貨ショップへの設置など、独自企画によるタッチポイントを増やす取り組みを行っています。一例として、「各施設の雰囲気に合わせて、トレンドを取り入れたラッピングを施す」「女性に選んでいただける商品を前面に押し出して展開する」など、女性にフォーカスした取り組みを実施して、従来の「子供向けおもちゃ」というイメージを取り払い、女性のお客さまが商品を手に取りやすい環境を生み出すことができました。

独自企画により新たな設置先が増加中

コンテンツ企画制作会社
ブロッコリーと資本業務提携

2015年11月、アニメ・ゲームなどのコンテンツの企画制作を行う(株)ブロッコリーと資本業務提携を行い、同社が持分法適用関連会社に加わりました。同社のコンテンツ開発力と、当社の最適流通システムとを融合させ、新コンテンツの開発や新たな顧客層・流通チャネルの開拓を両社共同で推進します。

社名の由来

幸福な人生(Happiness)の実現に貢献するために積極的なコミュニケーションを通して(Networking)、価値ある情報提供を目指すという思いから。

会社プロフィール

1969年、玩具卸業のトウショウを設立し、72年からポピー(現・(株)バンダイ)と取引を開始。
91年、玩具卸業2社を吸収合併し商号を(株)ハピネットに変更、94年にバンダイの関連会社となりゲーム事業に参入。
99年、DVD卸会社を子会社化してDVD分野に参入。
2001年から2002年にかけて玩具卸会社2社を子会社化・営業譲受して「業界販社」となる。
2007年、カプセル卸会社2社を子会社化、2009年、CD・DVD卸会社子会社化によりCD分野に参入、2013年にはゲーム卸会社を子会社化してビデオゲームシェアを拡大した。
2015年、(株)ブロッコリーの株式を第三者割当増資により取得。新コンテンツの開発などを同社と共同で推進中。
株式は97年、店頭登録。
98年、東証2部、2000年、東証1部上場。

DATA

(2016年8月末日時点での公表値)

■設立:1969年6月
■資本金:2,751百万円
■市場:東1
■決算月:3月
■単元株式数:100株
■発行済株式数:24,050千株
■従業員数:883人

アクセスランキング