[2816]ダイショー

自社製品詰め合わせ
1,000円相当----------(100株以上)
2,000円相当----------(500株以上)
3,000円相当----------(1,000株以上)
6,000円相当----------(5,000株以上)

  • 3,000円相当の製品例
100株
3月末日/9月末日
食品
食事券
暮らし
ファッション
教養・娯楽
乗り物
金券・ギフト
 

「味・塩こしょう」「鍋スープ」「焼肉のたれ」などでおなじみ。「おいしさで・しあわせをつくる」を企業理念に、革新的な製品を開発し、新しい食文化を提案している。スーパーなどの生鮮品売り場における店頭プロモーションに強みを発揮し販売活動を展開。今後は業務用調味料、総菜部門向け調味料の強化で成長を目指すとともに、即食製品を展開しさらなる事業領域の拡大に取り組んでいる。

東証2部
食料品

※以下の内容は基本的に2015年8月末日現在の公表情報をベースとして掲載

投資家の皆さまへ

代表取締役社長
松本 洋助

消費者の低価格志向による価格競争の激化、原材料費の高騰など厳しい経営環境が続くなか、当社は九州工場を中心とする生産体制強化をテコに開発・製造・販売が三位一体となった積極的な拡大戦略を進めています。今後も食の原点である安心安全を礎に、生鮮売場での焼肉のたれや鍋スープなどの拡販に加え、惣菜を中心とする中食市場への取り組み強化、世帯構成の変化に応える「即食」製品の拡充など、食ニーズの多様化に応えながら、新市場の創造、安定的発展を目指していきます。

消費者の多様なニーズに応え続け
豊かな「食文化」の創造に貢献

「おいしさで・しあわせをつくる」を企業理念に、創業以来のロングセラーである焼肉のたれ「焼肉一番」や40年以上愛され続けているロングセラー製品「味・塩こしょう」、さらに国内シェアトップクラスを誇る「鍋スープ」など、独自の製品を開発し、新たな市場を形成し、豊かな「食文化」の創造に貢献してきました。時代とともに変化する消費者のニーズに真摯に耳を傾け、柔軟な発想で開発を続け、定期的に新製品を発売することのできる製品開発力が当社最大の強みです。また、小売り・スーパーの生鮮三品(精肉、青果、鮮魚)売場において素材に合う調味料を提案販売する、独自の販売スタイルも特長です。消費者に最も近い「町のお肉やさん」への個別訪問から始まった、売り場の状況を定期的に確認して製品案内、販促施策の提案を実施するダイショーの提案型の営業スタイルが、着実な実績を積み上げています。

*ダイショー調べ

家庭料理を引き立てる
季節ごとの食材を活かす製品を開発

メーカーの価値は、生活者が本当に求めるものを創造する「開発力」にあります。定期的なマーケティングリサーチで市場トレンドを把握するとともに、営業マンが取引先の売り場から売れ筋やお客さまの声などの情報をキャッチ。こうして収集したさまざまな情報を踏まえ、季節ごとの食材に合わせた製品を企画し、お客さまが「どのようなニーズで」「誰のために」「どのようなシーンで」利用するか検討・試作を重ねて誕生する製品は、すぐに家庭料理に採り入れられるものばかりです。今後も創業以来、築き上げた開発力で、生活者が安心して食事を楽しみ、家族が幸せな気持ちになれる食文化の創造に努めていきます。

お陰さまで50年
食卓のそばに、いつもの赤いマーク「ダイショー」

1966年の創業以来、「おいしさで・しあわせをつくる」という企業理念のもと、生活者視点で、創意に富んだ製品を世の中に送り出し、成長してきました。年間300品目以上の新製品を生み出し、常時1,300品目の製品を有する、提案型食品メーカーとして、今後も「顧客からの信頼」「技術・創造への挑戦」「社員相互の信頼」を貫き、皆さまの期待にお応えしていきます。

 ※画像をクリックすると拡大します

新製品情報


なだ万監修 『西京みそ鍋用セット』『鶏だしごま鍋用セット』



 “素材を活かす和風鍋” をコンセプトに、老舗日本料理店「なだ万」監修のもと、和食の真髄である「だしのうまみ」を活かし、ご家庭で“こだわり鍋” が簡単に楽しめる本格派志向の鍋用セットを2アイテムを発売。
 『西京みそ鍋用セット』は、豆腐がなめらかな食感に仕上がる「豆腐用だしの素」と、やさしくほのかな甘い味わいが人気の西京みそに、焼津産鰹節・北海道産日高昆布のエキス・鶏だしの旨みとコクを加え、風味豊かな「みそスープ」に仕上げました。鍋あとのスープは、「だし醤油だれ」を加えることでコク深いしょうゆ味に変わり、とき卵に混ぜてご飯にかければ、いつもと違う鍋あとメニュー「だし卵ごはん」が楽しめます。
 『鶏だしごま鍋用セット』は、丸鶏の旨みを効かせた鶏だしスープをベースに、豊かな香りの金ねりごまに豚のうまみを加えたコク深い「ごまスープ」を合わせ、素材本来のうまみを引き出し、上品な味わいが楽しめます。金ごまを使用した仕上げ用の「ごまふりかけ」をセット。ごまの風味・コクを満喫できます。鍋あとには「和風ごまそば(うどん)」がお薦めです。

社名の由来

焼肉発祥の地・韓国でおめでたいことを表す「大昌」。焼肉のたれを主力とする当社は、その言葉から大昌食品として創業しました。

会社プロフィール

1966年、焼肉栄養調味料・食品の製造および販売を目的として大昌食品(株)を創業。
68年、「味・塩こしょう」の製造販売を開始。
87年、福岡市東区松田に本社・本社工場を移転。
89年、茨城県に関東工場を新設。
94年、(株)ダイショーに社名変更。
96年には東京都墨田区に東京本社を設立し、2本社体制を確立。
97年4月にジャスダック(店頭) 上場、2000年11月に東証2部上場。
2003年より海外販売、2005年には通販事業を開始。
2010年、福岡工場・福岡第2工場・関東工場がISO22000 認証を取得。
2012年12月、福岡県久山町に九州工場を建設稼働開始。
2013年7月、九州工場が食品安全認証スキームFSSC22000を取得。

DATA

(2015年8月末日時点での公表値)

■設立:1966年12月
■資本金:870百万円
■市場:東2
■決算月:3月
■単元株式数:100株
■発行済株式数:9,868千株
■従業員数:628人(非連結)

アクセスランキング